So-net無料ブログ作成
検索選択

北海道学生野球 東海大北海道キャンパス-旭川大 [アマチュア野球観戦報告]


東海大北海道キャンパス4-3旭川大

 晴れのドーム開催節ということで昨日ともブラスバンドを連れてきているチームが多かったが、この試合ではどちらも応援団がなく静かな雰囲気。また、7回まで試合が動かない投手戦で、緊張感のある試合だった。
 東海大の先発はMAX134km/hの小柄な右オーバースロー飯岡(4年・関東一)。110台の変化球を駆使し、カウントを整えるのが上手く非常に安定した内容。7回にランナーを2塁まで進めると、5番宮下(3年・根室)にセンター前へのタイムリーを浴び、ついに0-0の均衡が破れる。ここで東海大は飯岡を諦めエース佐藤(4年・大宮武蔵野)を投入。佐藤はMAX145km/hのストレートで押しこの回は凌ぐが、続く8回、旭川大の1番尾張(3年・北照)に渾身の145km/hを1番右中間を破るタイムリーヒットにされ勝ち越しを許す。その直後に味方が逆転、9回は無難に抑え勝ち投手になった。佐藤は唸りながらの速球が常時140台を記録し、資質が他の投手とは一段違う本格派右腕。変化球は見せる程度で、また力んで投げた球がワイルドピッチになるなど、旭川大に攻略の糸口を与えてしまっていた。
 旭川大は右オーバースローの諸橋(2年・旭川大)が8回2/3を被安打7、4失点という内容。再三のピンチも、長身から放たれる気合いのMAX135km/hでなんとか無失点に抑え続ける。8回、味方がリードを奪ってもフラフラは相変わらずで、4点目を失ってやっとマウンドを降ろされた。北海道学生リーグ勝ち点制ではないので負けても明日で取り返すということができない。旭川大の監督は諸橋を引っ張りすぎたと悔やんでいるのではなかろうか。

 この日東海大打線のキーマンとんったのが6番DHの左打者河原(3年・函館工)。諸橋を一人苦にすることなく確実にヒットを連発し、8回には同点に追いつくセンター前タイムリー、その後東海大が満塁にすると、諸橋が押し出しの死球を与えこれが決勝点となった。そのお膳立てとなったのが、2番荒川(4年・二松学舎大付)レフト前ヒット→恩田(4年・二松学舎大付)エンドラン成功という流れ。2人ともここまで諸橋をうちあぐねていたが、最後に結果を出した。荒川はスマートな体型のセンターで、守備で観客を沸かせる好捕を見せた。旭川大は実績十分の4番ファースト植田(4年・芝浦工大)がノーヒットと誤算。植田を含め中軸に体格の良い選手が並ぶが打線として繋がらず、チームが放ったヒットは計4本でしかなかった。3番ショートの長津(3年・茨城中央)など3年以下に好素材がいるので、来年こそは全国を狙えそうか。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 2

お久しぶりです!コメントありがとうございます!

J・Hさん、お久しぶりです!コメントありがとうございました。

復活しましたよ!ボチボチやっていきます。

北海道の大学野球ですか!僕は札幌六大学しか見たことが無いのですが、北海道六大学はドラフト候補もチラホラいてレベルとしては北海道六大学の方が高い印象です。僕も見に行きたいんですけどね。

道東海大の佐藤投手はやっぱり頭一つ抜けてましたか?見てみたい投手です。

高校は良い投手が結構多かったですよ!日記に書いたとおり。
by お久しぶりです!コメントありがとうございます! (2008-06-02 22:35) 

山本球

ちなみに、上のコメント山本球のコメントでした。

無記名で投稿して申し訳ありません・・・。
by 山本球 (2008-06-02 22:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。