So-net無料ブログ作成
検索選択

都市対抗神奈川予選 三菱重工横浜-日産自動車 [アマチュア野球観戦報告]

UNI_3530.JPG
三菱重工横浜4-3日産自動車 横浜スタジアム

 前日に行われた第一代表決定戦は延長16回の末0-0、引き分け再試合となった。仕切直しとなったこの試合はまたも延長戦となるが、10回に7番キャッチャー高安(11年目・慶大)の当たりがサヨナラエラーとなり、三菱重工横浜が13年ぶりの都市対抗出場を決めた。
 三菱自動車の先発は最速145km/hの速球派右腕(5年目・マーリンズAA級他)が8回途中までを被安打5、3失点という内容。リリーフした左の高田(2年目・立正大)、右サイド斉藤(3年目・東農大生物産業学部-三菱ふそう川崎)がなんとか日産の追加点を防ぎ、味方の逆転を呼び込んだ。
 一方の日産自動車はまとまりのある右オーバースロー(2年目・奈良産業大)が最速141km/hの直球とスライダー、緩い変化球の組み合わせでリードを守り続けるが、6回途中にノーアウト満塁の場面を作り降板。代わった左の太田(3年目・一関学院)は最速139km/hの直球で打者2人を仕留めた後に押出しの死球を与える。日産は7回から連投ながら最速144km/hの直球で押す石田(5年目・東京国際大)を投入するもスクイズで同点とされ、同じく連投の秋葉(5年目・国士舘大)が逆転を許してしまった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。