So-net無料ブログ作成

山形一年生大会 日大山形-羽黒 [アマチュア野球観戦報告]

スキャン 004.jpg
日大山形5-4羽黒 山形蔵王タカミヤホテルズスタジアム

 大館から奥羽本線を乗り継いで山形へ移動。一つ隣りの県に移動するだけなのに5時間以上は電車に乗った。山形の一年生大会は12チームが参加するトーナメントが土日の2日間にかけて行われる。そのため勝ち進んだチームは2日連続でダブルヘッダーという過密日程になるが、そいいう事情を考慮してか7回制の特別ルールで行われる。
 第一試合の準決勝は山本学園が8-7で山形中央を下した。続く第二試合も僅差のリードを奪い合うシーソーゲーム。羽黒先発の齋藤永は小柄な左腕で、5回を投げ被安打8、失点3と今ひとつの内容だが4-3とリードは守った。6回からファーストを守っていた伊藤が登板。伊藤は体にパワーの感じる右オーバースローで、130台前半~135km/hの直球を吼えながら投げ込んでくる熱投派。しかし5番菊池にタイムリースリーベースを浴び逆転を許してしまった。日大山形は先発の左腕菊池が齋藤同様安定しなかったが、リリーフした朝倉庄司の両右腕が羽黒を抑え勝利につながる仕事をした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。