So-net無料ブログ作成
検索選択

JABA伊勢大会 JFE東日本-ホンダ鈴鹿 [アマチュア野球観戦報告]

UNI_1963.JPG
JFE東日本3-6ホンダ鈴鹿 伊勢市倉田山公園野球場

 この試合より2回戦。地元のホンダ鈴鹿がJFE東日本先発の先発杉本を攻略。先発投手の差が出た形で、ホンダ鈴鹿が準決勝へ駒を進めた。JFE東日本の杉本(1年目・東海大)は178cmの体格から常時140台、最速144km/hのストレートを投げ込んでくる本格派。以前からこんなに勢いのある投手だったろうかと思ってしまった。立ち上がりは軽快に投げ終えるが、3回、先頭の7番川端(2年目・平成国際大)に許した長打を機に失点。そして5回、再び下位打者に長打を浴びると、1番早川(6年目・東洋大)にタイムリーを打たれ、結果4失点K.O.。代わってマウンドに上がった左の加藤(2年目・国際武道大)が直後、平手(3年目・中京大)にライトへのホームランを浴びこの回を投げきれず、大勢が決してしまった。
 ホンダ鈴鹿は先発の速球派左腕藤本(3年目・徳山大)が130台後半~142km/hの直球を中心に6回を1失点という内容。満塁のピンチを作るなど、JFEには付け入る隙があったが、決定打を放てなかった。7回から登板した山下(1年目・中部学院大)が不安定で、再度JFEに満塁のチャンスが巡ってくるがやはりタイムリーが出ず。6-3で8回を終えたところで、突如照明が落ち、停電が起こった。折からの雨が強くなってきたこともあり、ここでコールドかと思われた。しかし中断の後、場内アナウンスやカウント表示のない中で試合が再開。9回表JFEの攻撃は無得点に終わり、勝負が決した。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。