So-net無料ブログ作成

石川一年生大会 鵬学園-金沢 [アマチュア野球観戦報告]

UNI_2902.JPG
鵬学園1-12金沢 11/7志雄運動公園球場

 本日は県新人の計16試合が4会場で行われた。最も北の会場である志雄球場は、金沢から電車で1時間弱の羽咋駅からタクシーで行くしか方法がなかった。
 第一試合は初回に金沢が4番釜田のタイムリーなどで2点を先制する。鵬学園先発の右腕坂本将はいったんは立ち直るも、4回、5回と大量失点し、結果5回コールドが成立。金沢の圧勝となった。
 金沢先発の丹保は手足が長く見える体型の右腕で、背番号4を付け3番を打っているように野手兼任の選手。対角への120台後半~131km/hの直球と抜いた変化球を投げ、4回を1失点。5回頭から背番号1の田中が登板し、1イニングを無失点に抑えた。田中は上背はないが、最速137km/hの直球をどんどん投げ込んでくる速球派右腕。大敗した鵬学園だが、大柄な4番ライトの大根はタイムリーを含む2安打を放ち、今後への期待を持たせた。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 1

gree 裏技

初めまして
これからも拝見させて頂きますね。
楽しみにしています。
by gree 裏技 (2010-04-05 12:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。