So-net無料ブログ作成

石川一年生大会 星稜-輪島 [アマチュア野球観戦報告]


星稜3-2輪島 11/7志雄運動公園球場

 第二試合は終盤まで輪島のペースで試合が進む。初回に3番セカンドの山岸が星稜先発の左腕金戸からタイムリーを放つと、さらに山岸がホームスチールを決め輪島が2点を先取する。輪島の先発國田はまとまりのある投手で、星稜を相手に6回途中までを無失点と好投。國田の後を受けた右腕の沖崎は、4番を打つ選手ながら最速132km/hの直球を投げる投野兼任の選手。しかし8回に沖崎がランナーを許すと、代わって登板した投手が押出しのデッドボールを与え同点。そして延長10回裏、ライナーをサードに置いた場面で、内野ゴロの間にランナーが生還し星稜が逆転サヨナラ勝利を決めた。
 星稜は金戸が5回2失点という内容でマウンドを降りると、続く2イニングを大野、3イニングを西川の両右腕が無失点に抑え、試合の流れを引き寄せた。大野は最速131km/hの直球中心の投手。西川は6番ライトでスタメン出場していた長身の選手で、130台前半~136km/hの速球により完璧な投球を見せた。リリーフした二人は中学で日本一を経験した選手らしい。いいカードから切っていった輪島と、後に残しておいた星稜との作戦の差が出た試合となった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。