So-net無料ブログ作成
検索選択

オープン戦 東京国際大-武蔵大 [アマチュア野球観戦報告]

UNI_0003.JPG
東京国際大1-11武蔵大 3/13東京国際大学硬式野球場

 東京国際大学坂戸キャンパスの野球場は2008年竣工の新しい施設。全面人工芝の第二野球場もある。一部のグラウンドはいまだ造成中で、その充実した広大な設備には目を見張らせるものがある。
 この日は武蔵大と上武大を招いてのオープン戦が行われた。本球場で行われた対武蔵大戦は、左のオーバースロー田中(2年・桐生第一)が先発。最速138km/hの直球とスライダーを用い緩急をつける投球で、序盤は無失点。4回に武蔵大の1番伊東(3年・桐光学園)にタイムリー等で2失点し、続く6回の途中でランナーを残し降板。以後4人の投手が登板したが、4番後藤(4年・東福岡)に一発を浴びるなどいいところなく、大差を付けられてしまった。対して、武蔵大の投手陣は、永井(3年・新潟名訓)-篠田(4年・春日部共栄)-斉藤(4年・新潟名訓)が3イニングずつを投げ、3人が許した安打は計2と試合を優位に進めた。速球派の永井は力押しもボールが先行する場面が目立ったが、東京国際大はその隙につけ入ることができなかった。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。