So-net無料ブログ作成

三重学生野球 四日市大-三重中京大 [アマチュア野球観戦報告]

UNI_0764.JPG
四日市大5-7三重中京大 4/11県営松阪野球場

 松阪球場のある中部台運動公園は、ちょうど花見は今週までといった様子で、花弁が舞う中での試合となった。優勝候補筆頭の三重中京大は、新入生の募集が停止となり2年生以上の世代しかいない。しかし部員達は意気軒昂な様子で、残り六度の神宮行きのチャンスを全て掴む気でいるようだった。
 先発は監督期待の若手右腕則本(2年・八幡商)。前節では7回参考記録ながら完全試合を達成した。勝負所では145、146km/hの速球をまとめて投げ込んでくる頑健な肩の持ち主で、120ほどの変化量大のスライダーを交え前半はほぼ完璧な内容。7-0とコールド目前の7回に6番青木(3年・亀山)らにタイムリーを浴び、完封とコールドゲームを逃した。9回にも失点するが、何とか最後まで投げきり完投勝利。野手では3番サード中西(4年・三重)が先制打を含む3安打を放ち中心選手を印象づけた。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。