So-net無料ブログ作成

仙台六大学新人戦 東北福祉大-東北学院大 [アマチュア野球観戦報告]

SANY0208.JPG
東北福祉大2-1東北学院大 5/30東北福祉大球場

 先日の四国行で全国26の大学野球連盟をとりあえずはひと巡りした。従って次は新人戦踏破を目指す。仙台六大学野球の新人戦は、東京六大学と同じく6チームによるトーナメント。準決勝と決勝を一日で行う点のみ異なる。
 東北学院大は小林-浅野のリレーで準決勝を勝ち抜き、満を持して伊藤(2年・聖和学園)を決勝の先発に立てた。伊藤は風格の漂う速球派左腕で、イメージ的には現楽天の長谷部が近いか。いずれ全日本合宿にも呼ばれるだろう。試合は中盤に動き、福祉大が4番永田(1年・花咲徳栄)のタイムリーで先制、しかし学院大が5回、先発の伊佐山(2年・東京成徳大深谷)を攻め、リリーフ登板した伊藤(1年・日本文理)にタイムリーを浴びせ同点とする。1-1で迎えた9回裏、なおも140台を投げる伊藤に対し、福祉大は内野安打で出た2番渡邉(1年・高川学園)を3塁まで進めると、5番茂山(2年・智弁和歌山)がセンターオーバーのサヨナラ打を放ち、大会優勝を決めた。福祉大は今大会、4投手をつなぎ計18回を3失点という内容。しかし同じ世代にさらに良い投手を隠し持っているという。伊藤の神宮行きへの道はなかなか険しそうだ。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。