So-net無料ブログ作成

大館トーナメント大会 弘前大-八戸大 [アマチュア野球観戦報告]


UNI_1608.JPG
弘前大1-11八戸大 大館樹海ドーム

 第4試合は弘前大先発の右腕渡邊(2年・旭川工)が今秋の一部優勝校相手に7回3失点とまずまず健闘の投球を見せた。が、後を受けた2投手が炎上し8回がビッグイニングとなり、結果8回コールドゲームとなってしまった。八戸大は豊田(1年・銚子商)-森本(1年・近大高専)-吉本(2年・県和歌山商)-千葉(1年・仙台)と新人戦のような継投。いずれもまとまりのある右投手で、豊田は3イニングをノーヒット、球速は千葉が一番だった。
 目を引く打者は昨年の同大会MVP内田(2年・神戸国際大付)。3番DHで出場し、第一打席にレフトへ文句無しの先制ツーランホームランを放った。体は大きい方ではなく、この体格でこれだけ飛ばせる選手はなかなか見られない。

 ※大会は決勝で八戸大が岩手大を下し優勝を決めた。MVPは内田選手が2年連続で獲得した。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

大館トーナメント大会 岩手県立大-富士大 [アマチュア野球観戦報告]

UNI_1406.JPG
岩手県立大0-11富士大 大館樹海ドーム

 第三試合は一方的な展開となり、富士大が6回コールドで岩手県立大を下した。富士大先発の小池(3年・橋本)はオーソドックスなスタイルの右投手。上位打者から三者連続三振を奪うなど安定感が失われることなく、6イニングを被安打2の完投勝利を上げた。岩手県立大は先発の大型左腕松本(1年・水沢)が5回9失点と打ち込まれた。中盤4回、1番ライト屋宮(3年・堀越)から3連打を浴びると、さらに守備の乱れも絡みコールド条件まで点差を広げてしまった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

大館トーナメント大会 青森中央学院大-岩手大 [アマチュア野球観戦報告]

UNI_1402.JPG
青森中央学院大2-6岩手大 大館樹海ドーム

 第二試合は岩手大の先発三浦(2年・盛岡大付)が9回2失点の完投勝利を上げ、明日の準決勝へ駒を進めた。三浦は上体を折って投げるアンダースローと、折らずに普通に投げる2種類の投法を織り交ぜる珍しい投手。スライダー、シンカーと両サイドを広く使うピッチングで、相手は散発的な攻撃になってしまっていた。青森中央学院大は落合(青森中央)-古川(弘前学院聖愛)-對馬(浪岡)-福士(青森北)と全て1年生のリレー。落合が3回途中4失点K.O.と崩れたのを後ろの投手が立て直した形だった。
 野手では岩手大の1番後藤(3年・花巻東)が3安打に盗塁も決め得点に絡む活躍を見せた。岩手大に大物打ちはいないが、青森中央学院大の4番ライト高松(2年・青森西)は、前大会で2発放っているスラッガー。この日もあわやという当たりを見せたが、中盤以降は三浦を捉えられなかった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

大館トーナメント大会 青森公立大-青森大 [アマチュア野球観戦報告]

スキャン 005.jpg
青森公立大1-11青森大 大館樹海ドーム

 野球好きよりも建築好きに有名なこの会場で、北東北大学リーグ所属校によるトーナメント大会が例年行われている。大会パンフレットを見ると4年生は一切メンバーに入っておらず、完全に来年度のチームのための大会のようだ。本日はベスト4を決める4試合が行われた。
 第一試合は青森大が青森公立大の先発阿部を攻め、序盤で6点のリードを奪う。以後も徐々にリードを広げ、7回コールドで青森公立大に順当勝ち。青森大は7投手(岡本-川口-後藤-久保-村上-小野寺-加持)を小刻みにつなぎ、また野手も試合の途中で入替え、実戦練習の場にしたような試合だった。土橋(3年・青森山田)、川口(3年・滋賀学園)の二遊間は、上位打線も務め安打、打点を荒稼ぎ。次シーズンは上位校相手の活躍が期待される。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

東都大学野球二部 専大-東農大 [アマチュア野球観戦報告]

UNI_1055.JPG
専大1-4東農大

 専大が山田(4年・佐久長聖)、東農大が伊部(3年・村上桜ヶ丘)の両左投手の対決。先にマウンドを降りたのは山田。2回に5番サード樺沢(2年・前橋商)に初球を叩かれレフトへのソロホームラン。続く3回に4番センター松井(4年・大商大堺)に豪快なスリーランを浴びノックアウト。専大は北野(1年・日本航空)-鈴木亮(1年・竜ヶ崎一)-安達(3年・小松島)とつなぎ東農大の追加点を阻むが、反撃及ばず東農大が逃げ切った。2番手の北野はサイドスローに転向していた。後に投げた二人もサイドなので、チーム事情というわけでもなさそう。勝利投手となった伊部は細かい制球力は感じないが、直球とブレーキの利いた変化球が適度に散り、捉え難そうだった。専大は東農大を上回る8安打を放つも残塁10と攻めきれなかった。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

東都大学野球二部 駒大-拓殖大 [アマチュア野球観戦報告]

UNI_0889.JPG
駒大3-0拓殖大

 昇格の望みがある駒大が拓殖大を連勝で下し、勝ち点を得た。駒大先発の左腕加茂(3年・掛川西)が9回途中までを被安打4、無失点と好投。9回に連打を許し、右の白崎(2年・駒大岩見沢)のリリーフを仰ぐが、先発としてほぼ完璧の安定感だった。拓大先発の右サイド前田(3年・武蔵工大二)は序盤3回を9人で切り、慎重な投球ができる軟投派投手。6回からエース格の斎藤(4年・足利工)を投入するが、その6回にランナーを許すとエラーが絡み致命的な3点を奪われてしまった。斎藤も加茂と同じく投球術でかわしていくタイプの左腕。放った安打は拓大が4、駒大が3という静かな試合。そのうち2安打を放った駒大の1番佐野(4年・富士宮北)は、積極的にバットが出る左打者で好感の持てるリードオフマン。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

秋季大阪大会 大阪桐蔭-PL学園 [アマチュア野球観戦報告]


大阪桐蔭8-5PL学園 舞洲ベースボールスタジアム

 府大会の決勝である第二試合は、桐蔭がリードを広げればPLが追撃し点差を詰めるという展開に。PLは観野難波多司と速球派の主力投手をつなぎ勝ちに行くが、先発観野の4回途中まで被安打9、失点5と試合を作れなかったのが響き、桐蔭が終始優勢を保ち続けた。対する左の福本は9回を被安打7の完投勝利を上げた。カウントを稼げるカーブを上手く使い、また4番観野に対しては勝負を避けたりと、多少球数を使ってでも逆転されるのは防ぐという勝負に徹した投球内容だった。
 放った安打は桐蔭が計15に対しPLは7と、両チームは攻守に違った様相を見せた。打撃では桐蔭のサード河原(1年)が4安打と絶好調、ガンガン打ち上げるタイプではなく、つなぎの4番という印象を受けた。キャッチャーの江村は度々捕球後の牽制球を見せ、打力含めチームからの信頼を感じる選手だった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

秋季大阪大会 東海大仰星-金光大阪 [アマチュア野球観戦報告]

UNI_9517.JPG
東海大仰星7-1金光大阪 舞洲ベースボールスタジアム

 府大会の3位決定戦。勝者のみ近畿大会へ進めるので次の第二試合より選手達は必死なはずだ。金光大阪は左の是枝が先発完投も初回に2点、7回に4点を失い、相手へ試合の主導権を渡してしまった。東海大仰星は右オーバースローのが1失点完投勝利。常にクイック気味に投げテンポが良い。金光大阪に10安打を許しながらも、ランナーに動じることなく落ち着いて投げられていた。野手では東海大仰星の1番ライト安田が食らいつく打撃で4の3と活躍。4番キャッチャー田上は大型で存在感のある右打者で、先制打となる長打を放った。近畿大会でさらに名を上げられるかどうか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

関西六大学野球 大阪商業大-神戸学院大 [アマチュア野球観戦報告]

スキャン 003.jpg
大阪商業大3-6神戸学院大 スカイマークスタジアム

 第二試合はもつれた展開。先発は神院大が岸本(4年・観音寺一)、大商大が福山(3年・大東)と、ともに小柄でテンポ良く投げ進める似たタイプの右腕。福山は最速139km/hの直球にカーブ、スライダーという投球。試合前半は神院大打線をよく抑えるが、4番セカンド山口(3年・柳川)に先制打、逆転打と二度タイムリーを浴び、さらに7回、9番キャッチャー水田(3年・東洋大姫路)にライトへの勝越し弾を打たれノックアウト。以後は右サイド三原(3年・箕面東)、最速138km/hの右上手濱岡(2年・神戸弘陵)へと継投。一方の岸本は10安打を浴びながらも9回を3失点で投げきり勝利投手に。4番山村(4年・山村学園)を3三振に切って取ったのが大きかったか。
 野手では大商大5番ライトの宗雪(2年・東海大仰星)がレフトスタンドへ中段へ放った逆転ホームランが観衆を沸かせた。高校通算25本塁打、現在1日500スイングを課しているという話だが、色々納得の一撃だった。神院大の1番センター吉見亘平(2年・金光大阪)と3番ライト吉見太佑(2年・同)は双子で揃ってレギュラー、そして二人の兄は現在中日で最多勝争いをしている。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

関西六大学野球 京都産業大-大阪経済大 [アマチュア野球観戦報告]

UNI_9302.JPG
京都産業大3-1大阪経済大 スカイマークスタジアム

 秋季リーグの第5節1回戦。阪神学生リーグへ行くつもりだったが、インフルエンザの影響で1試合が中止ということで、急遽こちらへ変更した。
 京産大の先発駒谷(3年・福知山成美)は、120台の直球と低めで滑る変化球を投げる大型サイドハンド。初回に大経大の1番長谷川(2年・福知山成美)にヒットを許すと、エラーも絡み生還し先制点を奪われる。駒谷は7回途中までを2失点とそれほど責められるべき内容ではなかったが、味方の援護に恵まれなかった。大経大は185cm、MAX145m/hの本格派右腕久保(3年・関西)の先発。ワインドアップモーションから130台後半~140m/hの直球に緩いカーブなどを交える、見た目に華のある投手。主軸を連続三振に切るなど快調に投げ進めていたが、5回に京産大4番門林(2年・福知山成美)のタイムリーで1点差に詰められると、6回から同じ右上手の高木(1年・関大北陽)へスイッチ。最速135km/hの高木は残りの回をきっちり抑え、大経大が逃げ切った。
 入場料とパンフレットで計1900円もしたが、同リーグを特集した新聞記事を配っていたりという点は好感。記事によると5番サードで出場の丸毛(3年・大阪桐蔭)は、50m5.8秒の足にプロからも注目されているとのことだが、この日は盗塁企図を見られなかった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

秋季東京大会 足立学園-都練馬 [アマチュア野球観戦報告]

UNI_8562.JPG
足立学園10-0都練馬 八王子市民球場

 同じく勝てば都大会という試合。足立学園打線が練馬先発の右サイド鈴木陽を攻め、2回にタイムリー3本を立て続けに浴びせ5点を奪う。6回に5番キャッチャー石渡(1年)のタイムリーで10点差となり、その裏を抑えた足立学園がコールドで勝利した。足立学園先発の右腕篠原(1年)は鋭いスライダーが武器の右オーバースローで、5回を被安打2無失点に抑える。打撃でもチームの3番を務め、高いセンスを感じる選手。6回1イニングを抑えた右上手永見も1年生。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

秋季東京大会 八王子-都紅葉川 [アマチュア野球観戦報告]

UNI_8422.JPG
八王子8-1都紅葉川 八王子市民球場

 勝てば都大会出場が決まるブロック予選の最終戦。
 紅葉川は背番号12の田原を先発に立てるが、エラーも絡みワンアウトも取れず降板。背番号1の右腕坂井が登板するが、2回に4番キャッチャー簡野のタイムリーツーベースなど4連打を浴びノックアウト。3回までに8点を奪った八王子が7回コールドで紅葉川を下した。八王子は背番号1白幡が5回を3安打1失点という内容。八王子は6回に塚崎、7回に島田と右オーバーの両投手が登板。わずかな投球だったが、塚崎は化ければ大物という本格派なのに対し、白幡が低めへの直球が売りの実戦派。野手では3番ショートの山下が4の3と実力を示した。グリップを余らせて構える左打者で、巻き込むようなスイングで確実にボールを捉えていた。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

秋季千葉大会 専大松戸-市船橋 [アマチュア野球観戦報告]

UNI_8209.JPG
専大松戸9-10市船橋 八千代総合運動公園野球場

 一時は専大松戸が5点のリードを奪い圧勝するかに思えた。専大松戸の先発は背番号1の右オーバースロー林田(1年)。力を込めた直球、縦のカーブなど持っている球は悪くないが、ボール球が多く投球時間が長かった。4回途中で林田に代わり右サイドの土屋が登板、しかしやはりボール先行の投球で8回につかまり、市船橋に5番佐藤の逆転満塁弾などで一挙7点を奪われ、結果試合は市船橋の逆転勝利。このホームランの後、密かに話題の右本格派上沢(1年)が登板。直球中心に以後の打者を抑え、素材の良さを見せた。市船橋は8回まで小川小島によるリレー。ともに似たタイプの左オーバースローで、やはり同じように被安打の多い内容だった。9回1イニングを投げた谷川(1年)は右の本格派で、再逆転のピンチを招くも直球勝負で何とか乗りきった。専大松戸は、タイムリー2本の3番キャッチャー大山を中心に、1年生6人がスタメンに名を連ねる下級生主体のチーム。市船橋の同じくタイムリー2本の3番ファースト笹野もやはり1年生。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

秋季千葉大会 東京学館-千葉黎明 [アマチュア野球観戦報告]

UNI_8096.JPG
東京学館12-5千葉黎明 八千代総合運動公園野球場

 秋季県大会の二回戦。
 先発は両チームとも背番号1の1年生右腕。東京学館の糸川がスラッとした体躯からゆっくりとしたモーションで投げるのに対し、千葉黎明の豊田はセットからキビキビと投げてくるタイプ。豊田は2回に黎明の7番早川の当たりが跳ね先制のランナーが生還。豊田はその後も失点を重ね、6回6失点で降板。代わった速球派の上田(1年)も点差を広げる一方で、8回途中でコールドが成立した。東京学館は6回から右サイドの植田へスイッチ。ショートに回った糸川は今日3安打と打撃でも戦力になった。
 東京学館打線は1番センター柴田、4番レフトがほぼ毎打席結果を出した。原は長打力が光るオープンスタンスの右打者で、長打を連発。引っ張った際の打球は申し分なく、逆方向への鋭さのためにももう一段飛距離のアップを期待したい。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

東都大学野球三部 上智大-順天堂大 [アマチュア野球観戦報告]

UNI_8016.JPG
上智大1-7順天堂大 学習院大学野球場

 第二試合は春季2位の順大と3位の上智大の対戦。順大が序盤から得点を重ね、終始順大優位の試合になった。2回に9番村山(4年・黒沢尻北)のタイムリーで先制点を上げると、続く1番柳楽(3年・出雲)がライト樹木直撃のホームランを放つ。投げては右の小林(3年・都杉並)が6回を1失点の安定した投球。後を継いだ右の川嶋(2年・長狭)、左の藤井(2年・浜松日体)も無難に抑え、順大の完勝だった。上智大は越渕-山中-佐野-田渕-谷本と5人が登板したが、どの投手もピリッとしなかった。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

東都大学野球三部 学習院大-大正大 [アマチュア野球観戦報告]

UNI_7997.JPG
学習院大2-4大正大 学習院大学野球場

 今節の会場は山手線目白駅を降りてすぐの学習院大学構内。観戦スタンドはなく金網の外は通路になっており、そこに観客やチアガールが肩を寄せ合って観戦しているという独特の試合風景だった。
 試合は大正大の右本格派飯田(4年・越谷西)が無四球完投勝利を上げエースの貫禄を見せた。130台の直球と早い変化球、遅い変化球を交え9回を被安打6の好投。学習院大の1番遠藤(1年・日大二)長打などで失点するが、ほとんどのイニングは3人で切っていた。試合は2回、学習院大先発の左腕古河(4年・甲府第一)を攻め、キャッチャー赤萩(3年・鷲宮)のタイムリーなどで大正大が先制。4回で降板の古河に代わって登板の町田(4年・学習院)は中背の右スリークォーターで、9回までを自責点0に抑えた。四球が少なく三振が奪える投球と、結果論だが先発に立てるべきだった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

秋季沖縄大会 浦添-向陽 [アマチュア野球観戦報告]

UNI_7917.JPG
浦添5-0向陽 糸満市西崎球場

 第二試合の途中で球場を抜け、西崎運動公園から沖縄水産高校グラウンド、糸満警察署、美々ビーチいとまんを歩いて巡った。球場へ戻るとちょうど第三試合が始まるところだった。
 第三試合は浦添のエース宮城が向陽を完封で下し初戦突破。宮城は外への直球を中心に組み立てるオーソドックスなスタイルの右投手で、向陽はほとんどヒットを放てず完敗だった。浦添打線は初回、中盤、終盤と着実に加点し向陽のエース右腕山城を攻略。4番ファーストの内間はパワーが目を引く右の強打者で、これから県下トップクラスの投手を打てるか注目したい。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

秋季沖縄大会 小禄-沖縄尚学 [アマチュア野球観戦報告]

UNI_7817.JPG
小禄4-2沖縄尚学 糸満市西崎球場

 工事中の奥武山球場を見物してから西崎球場へ向かう。本日は沖縄大会の一回戦三試合が行われる。第一試合は昨年の選抜を制した沖縄尚学が思いがけず一回戦敗退。初回にいきなり4点を失うと、それがそのまま決勝点となってしまった。小禄は先発の右上手宜野座を2回で見切りを付け、試合はその後小禄が山里、尚学が喜久川の両左腕による投げ合いとなるが両者譲らずそのまま決着。二人とも背番号は10で、ともに線が細く、打たせて取る投球スタイル。山里は中盤、3番から始まる打順を三人で切るなど奮闘。抜けていれば失点という当たりも守備陣がよく守り、山里の投球を援護した。野手では4番ショート大城が強い打球を打てる右打者で目立つ選手だった。尚学は県内に2校ある特待生採用校の一つだが、資質の抜けた選手が大集結しているという印象は受けなかった。そういう地域性だろうか。

 続く第二試合は八重山農が5-0で豊見城南を下した。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

沖縄県大学野球 沖縄国際大-名桜大 [アマチュア野球観戦報告]

UNI_7719.JPG
沖縄国際大6-2名桜大 名護市営球場

 6:40羽田発の便に乗り、空港からの高速バスを降り球場に着くまでおよそ5時間。秋季リーグの第二節一回戦は第一試合の7回が始まるところだった。第一試合は、琉球大の右腕向井(3年・広島城北)が完投勝利を上げ、沖縄大を下した。会場の名護球場は外野後方が砂浜という希有な野球場。観戦後はひと泳ぎした。

 第二試合は沖縄国際大が本格派狩俣(4年・宮古)、名桜大が蔵当(2年・中部商)の両右腕の先発。狩俣は130台後半~142Km/hの速球を主体に投げ進め、前半はほとんどヒットを許さない好投。終盤は疲れがきたのか失点したが、9回を投げきり見事完投勝利。対する蔵当は小柄な投手で、130弱の速球に変化球を多く交える投球が持ち味も、沖縄国際大の4番サード知念(3年・裏添商)にたびたび痛打を浴びるなどし徐々に点差を広げられる。6回から左の比嘉、右の古謝とつなぐもやはりピリッとせず、終始苦しい投球だった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

秋季静岡大会 富士-三島 [アマチュア野球観戦報告]

UNI_7397.JPG
富士6-10三島 県営愛鷹球場

 東部大会の決勝。
 一度は富士が同点に追いつくも、三島の1番中原の勝越し打の後守備が乱れ、あわやコールドという試合になってしまった。三島は背番号10の右スリークォーター三木が先発も、3回にタイムリーを立て続けに3本浴び降板、代わって登板の背番号1が富士の追撃を凌いだ。三木は小気味よく投げ込んでくる速球が良く、夏は1番を付けていたらしい。中はぎこちないフォームで吼えながら投げる右オーバースロー。富士も背番号17寺田-背番号1土屋(1年)という右投手のリレー。しかし土屋の登板は10点目を失ってからで、真剣に勝ちに行ったわけではなさそう。なお土屋は6番ショートとして先発出場。
 野手では三島の播磨、富士の稲葉という背番号6の両左打者が目を引く。体格、身体能力に優れた播磨に対して、稲葉は左右へ確実に弾き返す実戦力のある選手。この試合でも3安打と、打線の中でも一際抜けた打力を持つ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。